LINE@登録はこちらから

プロフィール

株式会社リンプル代表、田口佑弥(たぐちゆうや)の経歴

埼玉県春日部市出身、埼玉県川口市在住

1995年6月22日生まれ、B型、身長180cm

埼玉県立杉戸高等学校卒業、東洋大学中退

趣味:仕事、読書、美容、健康、運動

座右の銘:人生を変える

2015年4月(19歳):東洋大学在学中にYoutubeに動画を投稿し、広告収入でたまたま初月に28万円を稼ぐことに成功したことをきっかけにインターネット事業を本格的に開始

2015年8月後半(20歳):PPCアフィリエイトやSNSを使った営業を開始。月商が100万円を超える。

2016年3月:大学を中退し、個人事業主として開業

2016年:物販事業、ブログアフィリエイト事業、SNSアフィリエイト事業、投資事業を開始。

2016年(21歳):年商821万9708円

2017年前半(22歳):多角化し過ぎで事業に失敗、ほぼ全財産を失う

2017年10月:オンラインサロン事業を開始

2018年6月:メディア事業を開始

2018年(23歳):年商2225万8653円

2019年1月:メディアのPV数が月間7万を超える

2019年6月:税理士に法人化を勧められ、法人を設立

2019年6月〜(24歳):集客マーケティング支援事業を開始。

2020年6月:法人1期目(2019年6月〜2020年6月)の売上高1億8433万1701円、別法人と合わせて2億5000万円以上売り上げる。

2021年(25歳):既存事業の殆どを事業譲渡。現在新規事業の準備中

これからお話する事は、大学在学中の19歳でインターネット事業を始め、1年で大学を中退し個人事業主として開業。

以後、23歳で十数名のパートナーや従業員を持つ会社経営者社長となり、「人生が変わる」までの経緯をお話しようと思います。

是非最後までご覧頂ければ幸いです。

 

田口の特徴

・集客マーケティングやコピーライティングが得意。1日中マーケティング戦略を考えたり、コピーライティングをしている。戦略家。webプロデューサー。

・売るのが得意(ずっとアフィリエイトや販売代行に特化してきた)。

・人に教えるのが得意(余談だが、昔塾講師をやっていた笑)

・昔から一点突破主義。何かにハマったらそれに徹底して特化(フルスイング)してきた。

・物欲は一切無し。贅沢したいとも1ミリも思わない。車も持ってない(買う気一切なし。そもそも立って仕事しているので座るのが嫌い笑)。時計はアップルウォッチ。服はユニクロかZARA。タワーマンションは借りてるが、仕事効率のためと、皆に使ってもらうため(仕事効率が変わらず、来客や社員さん、パートナーに使ってもらえなければ解約して最安のワンルームに住もうと思うくらい…)

・集団に苦手意識がある。どちらかというと一人が好き。

・表にあまり出たがらないタイプ。裏方が得意。「やろうと思えば何でもするし、出来るけど…」という感じ。

・行動力はあると思う。思い立ったらすぐ行動している。

・表にはあまり出さないが、心に秘める情熱や目標は誰よりも高いと思う。

・学生の時にいじめられた経験があり。それもあって絶対に「人生を変える」という想いが未だに強い。

・超健康的。以前にカップ麺やコンビニ弁当生活をしていて、身体を壊したのもあってジャンクフードとかはほぼ食べない。健康食生活。運動は毎日必ずする。睡眠もしっかりする。

・超理詰めの合理的タイプ。非合理だと思ったことは基本やらない。

・親の教えのお陰もあって、性格は真面目。詐欺とか裏切りとか、人間として正しく無いと思うことは出来ない。

・読書はめっちゃする。本は大好き

・美容費用で中古マンションが買えるくらいは使ってるかも笑

・仕事は大好きで一生全力でやろうと思っている。自分ではそう思ってないが異常なくらい働いている、らしい…。超ストイックだと言われる。仕事に人生を捧げてきて、他を犠牲にしてしまっていた。

・初対面だとあまり喋らないかもだけど、仲良くなった普通に喋る。気分によって口数は少ない時もあるので冷たい風に思われる時があるが、内心そんなつもり一切ない。

・言い過ぎてしまったり、怒られたときはめっちゃ反省している。

・人とは本音で語り合いたい。気を遣って言いたいことを言い合えない人とは長続きしないと思っている。

・仕事スピード、レスが早い人と仕事したい。

 

落ちこぼれだった学生時代

 

小学生

小学生の前半の頃は、自宅が小学校に近かったこともあり、不良の遊び相手やパシリの標的にされてました。

そのため家に引きこもり、不良に遊びに誘われないかビクビクしながら、家で1日中ゲームをしていました。

将棋やオセロ、うさぎ小屋の清掃クラブみたいなものに入っており、特に目立つタイプでは無く、勉強も平均点くらいでしたが、小学校の頃の性格はどちらかというと悪いことを考えており、強いものにはいじめられていたが、弱い者いじめはしており、先生に叱られていたと思います。

 

小学生後半になってきてからは友達も増えてきて、不良との関係は決別しました。

ゲーム(ゲームボーイ(ポケモン)、プレステーション2、ニンテンドーDS(ジャンプアルティメットスターズ))やカードゲーム(遊戯王やデュエル・マスターズ)は、チートも使ったりして殆ど負けないくらいやり込んでいました、

そのため毎日遊んでいたと思います。

 

中学生

 

中学生になってからはサッカー部に入ったのですが、小学生の頃はほぼゲームばかりをしていた為、同じ部員の足を引っ張るお荷物にしかなりませんでした。

それが原因で仲間外れにされ、イジメの対象になりました。

見た目もかよわかったため、女の子みたい(おとこおんなと言われていました。

そのストレスも影響してか中学生になってもゲーム中毒のままでした。

なので勉強はほとんど出来ません。

 

授業で先生に質問されても答えられず、席で立たされる事も多く、クラスメイトに笑われてました。

それが原因でますますイジメの対象になり、同級生に殴られたり、裸にさせられそうにもなりました。

自分が情けなくて情けなくて涙がポロポロと出ました。

その時初めて「死んでも良い」と思うようになり、自殺も考えました。

生きている意味を感じなくなりました。

 

イジメは中学2年生がピークでしたが、高校受験が近くなることによって収まりました。

高校受験は、今までまともに勉強してこなかったので、滑り込みで受かった高校に進学する事になりました。

 

中学生の夢は社長になること

中学生の頃、父親が社長だったということもありますが、父親のパソコンを使ったり、家庭にあった家族用のパソコンでhtmlをいじっていました。

そのホームページには別の管理人がいたと思いますが、htmlを組み替えて自作でページを作っていました。

父親が社長だったということもあるのですが、小さい頃から漠然と社長になりたいと思ってて、それは周りにも言っていました。

 

高校生

高校の時はイジメられる事はありませんでしが、受験の開放感からか不摂生な生活を続けました。

部活はテニス部だったのですが、高校の行き帰りにコンビニでお菓子やジュースを買い、家に帰ってからはジャンクフードを食べまくる生活をしていました。

相変わらずゲーム中毒(プレステーションポータブル(PSP))も抜けず、毎日夜更かしをしていたせいで、高校の授業も居眠りしてばっかでした。

当然勉強は出来ません。

 

不摂生な生活の日々により、肌が汚くなりました。

肌荒れが半端なく、ニキビも沢山出来ました。

年中マスクで顔を隠す日々でした。友人や家族と顔を合わすのも嫌でした。

「なんで自分だけがこんな目に遭わないといけないんだ…」と毎日自分を呪ってましたが、よくよく考えると自分の日頃の行いが悪いことが原因でした。

 

そして大学受験が始まり、ようやくその時期になって勉強をスタートしました。

今度こそはたくさん勉強して良い大学に受かりたいと、今までサボってた分を取り返そうと睡眠時間を削り1日中猛勉強しました。

しかしそれは逆効果でしかありませんでした。

要領が悪くて全く成績が上がりません。

 

大学生

結局大学受験でも大失敗。

いくつか受験した中でたまたま1つの大学に奇跡的に合格しました。

名前は知られている大学でしたが、完全に学歴コンプレックスに陥りました。

 

その為、大学生活が始まっても気分は憂鬱でした。

ギリギリで受かった大学だったので全く授業についていけません。

留年寸前でただ必死で「単位」を取る為だけに大学に通ってました。

なので将来への不安しかありませんでした。

19歳までは本当に何やっても上手くいきませんでした。

 

学生時代

思い返してみると、学生時代の頃は、好きなことしかせず、勉強とかはテストの前になれば猛烈に勉強を始めてしのぐようなタイプでした。

しかしハマったことに関してはめちゃくちゃストイックにやり込む性格だったと思います。

何かのゲームだったり、運動にしても筋トレだったり、サッカーにしてもリフティングだけだったり、勉強にしても英単語だけだったり、何かに特化して1点突破するような性格でした。

 

それが今の仕事にも生きていると思いますが、一点突破は昔からです。

また、いじめられていた経験や、勉強や運動は組織の中でランキングされると常に良い成績ではなかったので、競争や優劣を付けられるのが嫌いでした。

 

たまたま初月で報酬発生

インターネットの存在を初めて知ったのが2015年3月後半。

当時19歳で大学1年目が終わりちょうど2年生が始まるという時期でした。

 

その頃大学が春休みで空いた時間に何か出来る事はないかとインターネットで探している時にたまたま流れて来たネット広告でインターネットを使った事業の存在を知りました。

当時はそんなお金を持っているわけも無く、加えて自分用のパソコンすら持っておらず、携帯で色々と情報を調べている段階でしたので、普通に考えればいきなり手を出そうと思わないと思いますが、その時は非常に興味が湧きました。

理由としてはやはり『将来への不安』がとても大きかったです。

 

大学に通っている時はとりあえず大学を卒業して就職するという道しか頭に無かったので、大学の単位を取る為だけに毎日が過ぎていくという感じでした。

特に好きなことも得意なことも全くなかったので、周りと同じように「決められたレールに沿っていけば何とかなるだろう」という気持ちでした。

しかし大学の単位も全然取得出来ず、留年する可能性が濃厚になった為、大学生活が苦痛でしかなくなってしまいました。

 

そして、借金地獄で家庭は崩壊寸前…

更に追い討ちをかけたのが、両親が大学の学費を払えなくなってしまったことです。

父親は自営業(社長)、母親はパートで共働きでしたが年間数百万円以上する学費を親戚からお金を借りてまで払っていたのです。

 

後から聞いた話ですが、父親は事業がうまくいかず、最終的には2000万円ほどの借金を抱えています。

父親の父親は事業に失敗して自殺したそうです。

 

お金持ちでも貧乏でも無い一般的な家庭だと思っていたのですが、自分の学費の為に相当厳しい生活をしていたのです。

とてもショックでした。

実際、大学の友人に話を聞いてみても、ほとんどの友人は奨学金を借りており、やはり一般的な家庭では大学の学費を払っていくのは相当厳しかったのです。

 

「普通に就職するだけだと厳しいのか。将来の為に今から準備しないとな…。」

そんな想いから始めようと思ったのがインターネット事業でした。

 

最初は何をしたら良いのか分からなかったので、とりあえずパソコンの購入を目標にしました。

軍資金を作る為に自分の部屋にあるゲームや漫画等の娯楽品を全てヤフーオークションや不用品買取店舗に転売し、約4万7000円ほど稼ぎました。

大学1年生の時は塾講師のアルバイトをしていたということもあって、パソコンを買えるだけの資金は直ぐに貯まったので初めてMacのパソコンを購入しました。

 

その頃Youtuberのような『動画をYoutubeにアップロードして広告収入を得る』やり方が流行っており、動画をYoutubeにアップし続けました。

するとなんと初月で28万円の収益を出すことが出来たのです。

衝撃が走りました。

「インターネットってこんなに簡単に稼げるのか!」と。

その頃からインターネットの可能性に感動し、狂ったようにやるようになりました。

 

しかしそれは一時的でした。

大学が始まり、バイトも忙しかったこともあり、5月、6月、7月の3ヶ月間は収益が下がっていく一方でした。

また、その間にも色々な情報を購入したりしていたのでお金も減っていく一方でした。

 

アフィリエイトで生計を立てるアフィリエイターとの出会い

どうしたら良いかを色々と調べている時に、Facebookで知り合った方からある人物を紹介してもらいました。

その方は広告を使ったアフィリエイトで毎月数百万円単位で売り上げを出している方でした。

 

自分の力じゃどうすることも出来なかったので、その方にお願いしてコンサルティングを受けることにしました。

コンサルティング料金は50万円か100万円と高額でしたし、その方とは電話でお話しただけで一度も顔を合わせた事が無かったので、もちろん不安は大きかったです。

しかし、現状を変える為はこれに賭けるしかないとも思ったので、全財産をかき集めて分割交渉をし100万円のコンサルティングを受けることにしました。

 

ちょうど8月、9月は大学が夏休みということもありコンサルティングが始まってから教えて頂いたことをすぐに実行しました。

すると半月ほどで約10万円の売り上げが出ました。

Youtubeほど即金性はなかったですが、相変わらずインターネットの稼ぎやすさには驚かされました。

 

しかし問題は報酬の支払いは基本1〜2ヶ月後ということもあり、広告費の支払いで資金繰りが大変でした。

そこで営業をやることをおすすめされました。

 

僕の場合は顧客リストを持ってなかったので、リストに対して営業をするのではなく、Facebookのメッセンジャーを使ってダイレクトメッセージを送り、その中で返信があった人をSkype(スカイプ)や電話に誘導し、テレセールス(電話営業)をしました。

最初は自分の商品を持ってなかったので、他社の商品を代行で営業していました。

 

すると8月は月に100万円以上売り上げることができるようになりました。

それを過ぎる頃にはアフィリエイトでも売り上げが100万円を超えていました。

 

それもあり2016年の3月には大学を中退し、個人事業主として開業しました。

 

多角化しすぎて大失敗

大学を中退して独立してからは、物販事業、アフィリエイト事業、SNSアフィリエイト事業、投資事業などなど、様々な事業に挑戦しました。

2016年は事業収入だけで生活することが出来ましたが、2017年の前半になってから狂い始めました。

 

何か事業を取り組んではちょっと稼いで、何か違うな?と思ったら辞めてを繰り返していました。

2016年〜2017年の前半までに、今までやってなかったインターネット関連のビジネスは殆ど試しました。

中にはある程度稼げたものもありましたが、殆どは収益が出てないのに辞めてしまい、次のより良い事業を探し求めていました。

 

その為、2017年の前半が過ぎる頃には貯めていたお金の殆ど使い果たしていました。

 

情報を仕入れる為の勉強費用、例を挙げると書籍、セミナー購入、コンサルティングなどなど、加えて親に学費の返済をしたりとお金が湯水のように流れ出ていきました。

 

これはやばいと思い安定収入を作るために、知り合いから紹介された預けるだけで月利10〜20%の利回りが付くHYIP(ハイプ)と呼ばれる海外の高利回りインデックスフォンドに数百万円ほど預けました。

これでしばらくは大丈夫と思いましたがそんな甘い話は当然ある訳も無く、お金を預けた次の月にファンド会社ごと飛ばれました。

完全に詐欺会社でした。

 

また、親が離婚したり、裏切りに遭うなど、不運が重なりました。

お金も殆ど失い、金銭的にも精神的にも本当にどん底でした…。

 

考えを改め再スタート

当時は正直苦痛で誰とも話したくなく、1ルームのアパートで雨戸を閉め切って、ずっと引きこもっていました。

夜に活動をするので一切光を浴びることなく、運動も全くせず、生活リズムもバラバラで睡眠不足の日ばかりでした。

 

その時期は生活が苦しく、コンビニ生活や毎日カップ麺生活や30円のうどんや10円のもやし生活をしていました。

 

その結果、仕事のパフォーマンスが上がらず、意識が朦朧とし、半鬱状態になり、人に会えないくらい肌が荒れ、全身に謎の湿疹ができて、目が開けられなくなるほど痒くなるなど、負の連鎖が起きました。

今もその傷跡は体に残っています。

 

大きな成果を出したくてガムシャラに頑張っていたのに、頑張れば頑張るほど悪い結果しか起きなかったのです。

ここから抜け出すのに途方も無い時間と、お金を使ってしまいました。

 

しかし、よくよく考えてみると、そのときは自分のことで精一杯で、他人に何かしてあげようという余裕がなかったのです。

 

最初にそこそこ上手くいっていた時は、仲間やクライアントとの関わりが多かったので、何かしらの価値を提供する為に必死になって勉強して、アウトプットをしていました。

しかし多角化をし、事業が上手くいかなくなってからは、自分が生活費を稼ぐことに精一杯で、誰とも関わらず1人で引きこもってしまっていたのです。

 

そこで改めて、『利他の精神』が大切なんだなということを改めて再認識しました。

それから多くのことを反省し、より多くの人に価値を提供し、喜んでもらえるためにはどうすれば良いのか?をひたすら考えるようになりました。

 

すると2017年の後半からは事業が伸びていくようになりました。

2017年10月にはオンラインサロン事業を開始し、2018年6月には投資メディアを立ち上げ、2019年1月には月間7万PV以上を達成しました。

売上のレポート

 

2018年は仕事に夢中になりすぎて、税金対策を殆どしておらず、2019年に税理士の先生の勧めで法人化を決定。

2019年6月11日に法人化しました。

 

僕が現在、代表取締役社長として経営している会社が株式会社リンプルになります。

2019年は集客マーケティング支援事業を本格化させ、2018年の年商が2225万8653円、法人1期目(2019年6月〜2020年6月)の売上高は1億8433万1701円、別法人と合わせて2億5000万円以上を売り上げ、事業を軌道に乗せることに成功しました。

 

大切なこと

僕は今でこそ事業が安定してくるようになりましたが、初めからこのように出来たわけではありません。

2015年4月にビジネスを始めてから軌道に乗るまで4年くらいかかっていますし、失敗してはどん底に落ちる経験を何回もしてきました。

 

それはなぜかと思い返してみると、まず、本当にやりたいことが見つからず、やることをコロコロと変えてしまっていたのがあります。

「人生を賭け、一生やっていく仕事を何にしようか?」とずっと考えており、多くの時間がかかってしまいました。

 

今まで勉強したりやってきたことを書き出すとこんな感じです。

アフィリエイト

PPCアフィリエイト、SNSアフィリエイト(Facebook・Twitter)、楽天・amazonアフィリエイト、アンテナサイト作成、メディアアフィリエイト(ブログ、オウンドメディア)、アダルトアフィリエイト、情報商材アフィリエイト、物販アフィリエイト

 

物販

物販(不用品販売、ヤフオク・メルカリ・ebay転売、ドロップシッピング)、OEM

 

広告

Yahooプロモーション広告、Google広告、YDN、GDN、Facebook広告、Googleアドセンス

 

投資

不動産投資、株式投資、FX、投資信託(インデックス投資)、バイナリーオプション、テクニカル分析(インジケーター、MT4)、ファンダメンタルズ分析、決算書(財務三表:貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)、会計、ファイナンス、経済

 

マーケティング、デジタルマーケティング

LP・セールスレター・ホームページ制作、SNS(インスタ、ツイッター、facebook)、Youtube、LINE@、インフルエンサー集客、Wordpress、web解析(Googleアナリティクス、Googleオプティマイズ、Googleタグマネージャー、Googleサーチコンソール、ヒートマップ、その他ツール)、SEO対策、SEOライティング、デザイン(photoshop、HTML、CSS)、動画編集、コピーライティング、心理学、営業、デジタルコンテンツ、オンラインサロン、アプリ開発、データ分析、サブスクリプション(サブスク)

 

プログラミング

html、CSS、Javascript、PHP、SQL、Swift、Python、データサイエンス

 

経営

税務・法務、採用、マネージメント、新規事業、事業計画、未来予測、起業、経営学、MBA、ビジネスモデル、アイディア、戦略、テクノロジー、戦略、M&A、数学、リーダシップ、プレゼン、交渉力

 

その他

英語、美容、健康、習慣、食事、睡眠、運動、時間管理、自己啓発、マインド

 

…ect

出したらキリがありません。。

「この分野を勉強しよう!!」と思いたったら、集められる限りの情報を片っ端から買って勉強していました。

 

また、起業して最初の数年間は、自分が生活するために精一杯で、他人のことを考える余裕もありませんでした。

それに加え、1日中仕事をするためにも、部屋に引きこもり光も浴びず、毎日カップ麺・コンビニ生活をしており、健康を害してしまいました。

 

合理的に稼ぐことだけを意識してやってしまっていたのです。

ただ、それで多くの人を失ったし、誰よりも働いてたつもりなのに前に進まない感覚はありました。

 

今強く思うことは、何のために事業をやるのか?という使命感を持つことが大切だと思っています。

使命感を持ち、他人を思いやり、多くの人や社会にとって役立つ事業でなければ長続きはしないですし、人が離れていってしまうと思っています。

 

また、ただ多くの時間がむしゃらに仕事をすれば成果が出るものではないということも学びました。

1日のスケジュールを予め決め、時間管理は徹底しています。

 

また、健康と美容のためにも運動、食事、睡眠は毎日徹底しています。

お酒も付き合いのときに少し飲むくらいで家では全く飲まないですし、タバコも一切吸いません。

 

最後に。

 

ここまで読んで頂き本当に有難うございました。

僕が学生の時に経験した出来事や、今までの経験を嘘偽り無くお話させて頂きました。

 

どんなに現状困難を抱えていたとしても、自分が「こうしたい」という目標は叶えられると思っていますし、可能性を狭めているのは自分自身だと思っています。

僕がそのことをこれからも証明していきたいですし、今後も一生人生を賭けて、より多くの人に役に立てるような事業を行っていこうと思っています。

これからも日々精進していきますので、何卒よろしくお願い致します。

 

LINE@【ID:@jop0736o】登録はこちら

お問い合わせはこちら