PPCアフィリエイトの売れる商品を暴露します。

こんにちは、田口です。

 

PPCアフィリエイトにおいて、「売れる商品」はめっちゃ重要です。

どのくらい重要かと言うと、メールマガジンでいう、メルマガリストくらい重要です。

メルマガをやっている人が、顧客リストがあればいつでも売り上げを出せるように、PPCアフィリエイトも売れる商品リストがあればいつでも売り上げを出せます。

ただ、メルマガもPPCアフィリエイトもそうですが、リストを探すのが1番大変です。

逆を言えば、リストさえ集まれば後は楽になります。

 

僕は、「売れる案件共有グループ」というPPCアフィリエイトで売れる商品を共有するグループを運営しているのですが、そこで分かったことは、売れる商品を共有するだけで、誰でも稼げるようになるという事です。

例を出しますと、この人は元々、月に30万円くらいしか売り上げがあがっていない人でした。

 

その売り上げが、30万円→100万円→200万円と伸びていき、最終的に月の売り上げが300万円までいきました。

この人は、会社員の副業としてPPCアフィリエイトをやっていたのですが、PPCアフィリエイトの月収(確定報酬)が会社のお給料の年収を超えたそうです(笑)

この人以外にも、僕が共有した売れる商品を使って、月の売り上げが数十万円しか無かった人が、数百万円になったり、売り上げを伸ばした方が多数います。

グループコンサルティング実積をみて頂ければと思います。

コンサルティング実績

 

このように、売れる商品の破壊力は半端ないです。

今回は、そんな売れる商品の詳細についてお話していこうと思います。

 

売れる商品はどこでも売れる

売れる商品のメリットは、知ってさえいれば、どこで売っても売れるということです。

例えば、PPCアフィリエイト手法の中には、Yahooプロモーション広告を使ってアフィリエイトする方法や、YDN、Facebook広告を使ってアフィリエイトする方法もあります。

PPCアフィリエイト以外にも、SEOを使ってアフィリエイトすることも可能です。

僕らがやっている手法はYahooプロモーション広告を使ったPPCアフィリエイトですが、そこで売れた商品は、どの媒体で出稿しても売れます。

何故なら、1回でも売れるということはその商品が需要がある商品だからです。

どの媒体を使ったとしても、どこかの媒体で買う人がいるということは、他の媒体でも売れる確率は格段に上がります。

これは、年間5億円売り上げているアフィリエイターもこのような戦略を取っています。

その人の例を出すと、Facebook広告で黒字化した商品をYDN広告に横展開し、それでも売れるのであれば、SEO媒体を作成するそうです。

このように、どこかの媒体で売れた商品は他の媒体を使ったアフィリエイトでも売れる確率が高いです。

 

特に僕らがやっているPPCアフィリエイト手法は、Yahooプロモーション広告を使って、Yahooの検索欄に広告を出して売っているわけなので、そこで売れた案件は他の媒体でも売れる可能性が高いわけです。

検索窓で検索してくるお客さんが買わなければ、どこの媒体で出しても買わないですからね。

成約率的な話をすると、YahooやGoogleで検索してきたお客さんが1番購買意欲は高いです。

欲しい商品を買おうと思った時、YahooやGoogle検索して商品を探すお客さんが殆どですからね。

 

売れる商品を暴露します。

早速ここから僕が今までに売ってきた売れる商品を公開していこうと思います。

ただ、流石に全てを共有してしまうと、有料で購入してくれた人からクレームが来てしまうので、過去の案件の一部を例に、傾向を見ていきたいと思います。

こちらは2015年の年末にかけて僕がafb(アフィB)というASPで売っていた商品の一部です。

動画もありますので、こちらの動画もご覧下さい!

こちらは2015年の年末にaccesstrade(アクセストレード)というASPで販売していた例になります。

見て頂ければ分かると思いますが、年末にかけて通販系(特にカニやおせちはオススメ)の商品は売り上げが爆発的に伸びます。

どのくらいかと言うと、年末に通販系の商品だけを重点的に出稿しておくだけでも、暮らしていける分だけの収益になります。

 

なので、物販系のアフィリエイターであれば、年末商戦は一大イベントです。

ここを逃すと、非常に勿体無いですね…

通販系以外にも、CMなどで話題になった商品も爆発的に売れます。

例えば、画像にある「エイジングケア美容液【透輝の滴(とうきのしずく)】」や「話題の商品!EMSトレーニングが出来る【SIXPAD(シックスパッド)】」。

最近で言えば、ふるさと納税系の案件や、LINE関連の案件、仮想通貨の案件は伸びました。

その商品1つだけでも暮らしていける収益にはなりますね。

ただ、デメリットとしては売れる期間が不規則なので、急に爆発的に売れて、急に売れなくなったりします。

 

そしてこちらは2016年にJANet(ジャネット)というASPで売っていた商品の一部です。

流石に無料で公開しているので今でも爆発的に売れて、承認率がほぼ100%お宝案件はモザイクにしてます(笑)

ニコニコ動画やポーラなどは一般的に知られていて知名度がありますね。

このように、ある程度知名度がある案件は殆どの確率で売れます。

ジャンルで言えば、通販系、通信系、クレジットカード系、旅行系、動画配信サービス系、買取系が多いです。

ただ、競合が多いので、条件は悪くなることが多いですが、確実性を取るならハズレることは少ないです。

それに、月ごとの売り上げに偏りがなく、年間を通して安定して売れる場合が多いです。

このように、毎月売り上げを出していると、「どのような案件が売れやすい」という傾向が分かってきます。

 

売れる商品リストの探し方

では、売れる商品はどのように探していけば良いのでしょうか?

今回は特別に、僕がやっていた売れる案件を探す方法をお話していこうと思います。

まず前提として、ASPで紹介されている商品はあまり参考にならないです。

「この商品は人気です」とか「販促お願いします!」みたいなメールがASPから来ることが多いですが、全て無視しています(笑)

そのような商品は販売者が広告費をかけて宣伝しているだけの場合があるので、必ずしも売れる商品とは限りませんね。

 

僕が1番大事にしているのは、検索需要です。

そもそも検索されてない商品は出しませんね。

検索需要の調べ方は、Googleアドワーズで提供されているキーワードプランナーを使います。

例えば、さきほど例に出した、ニコニコ動画とポーラの検索需要をキーワードプランナーで調べてみるとこのような感じになります。

これを見る限り十分な検索ボリュームです。

このくらいの検索ボリュームがあれば、出稿すれば殆どの確率で売れますね。

 

僕の場合、最低でも月間の検索需要が100以上無いとそもそも出稿しません。

もっと出稿数を絞りたい人は、1000以上で絞っても良いです。

検索需要が多ければ多いほど、出稿した商品が売れる確率が格段に上がりますね。

 

また、検索候補も使えます。

僕の場合、Yahooプロモーション広告を使っていますので、Yahooの検索候補を必ず出してから商品の選定を行っています。

ーワードを決める時も検索候補から抜き出して使っていますので、ここで候補が出ないものに関しては出稿しませんね。

 

検索需要と検索候補に加えて、さきほど「売れる商品を暴露します」という項目でお話した、傾向調査を知っておくことで、ピンポイントで売れる商品を見つけることができます。

ただ残念なのは、100%売れる案件を見極めることは不可能ですね。

本当に売れるかどうかは実際に出してみないと分からない部分もあります。

なので、とにかく出稿しながら経験を積んで、傾向を掴むことが大事です。

 

売れる商品は最強

売れる商品を知っておくことでいつでも自由に売り上げを出せるようになります。

売れる商品さえ知っていれば、誰でも売り上げを出すことが出来るということは、僕が多くの人に教えた結果が証明しているので、間違いありませんね。

 

この記事で紹介した売れる商品も、今でも売れる商品は数多く混じっていますので、是非参考にして売り上げを伸ばして頂ければと思います。

最後まで読んで頂き有難うございました!

 

LINE@【ID:@jop0736o】のご登録はこちら

LINE@登録

お問い合わせはこちら

売れる案件を知って、最短でPPCアフィリエイトへ稼ぎたい人へ。

売れる案件共有グループはこちら

PPCアフィリエイトで直リンクを使って、爆発的に売上を伸ばしたい人へ。

禁断テンプレートはこちら