LINE@登録はこちらから

インターネットビジネスは仕組み化をするべき

 

インターネット事業をやっている方に最終的に目指して欲しいのは『仕組み化』です。

仕組みが完成すれば、何もしなくても売上が発生する状態になります。

 

ネットビジネスにおいては、仕組み化、自動化、放置、不労所得などと言うと、怪しいと思われるかもしれませんが、実際に再現は可能です。

僕もビジネスに仕組み化を取り入れ、放置してても売上が発生する仕組みを何個も作ってきました。

例えば上記の画像は、サブスクリプション(サブスク)のブームを見越して、月額サービスで仕組み化したPaypalの報酬画像になります。

 

最近は、大企業の多くも事業の仕組み化を取り入れており、長く事業で生き残っていくためには必須の事項になってきました。

今回は、僕が作っていたネットビジネスの仕組みを含め、多くの例を交えながらネットビジネスの仕組みの作り方についてお話していこうと思います。

 

ネットビジネスは仕組み作りをしないと自由になれない

「仕組み」とは、一度その仕組を作れば長い期間に渡って報酬が入り続ける事業のことを指します。

ネットビジネスに仕組みを取り入れる1番の理由は、事業を自動化して時間を作り、余った時間で更に別の事業を作るためです。

ネットビジネスは個人でやる人が多いので、自分で全ての仕事をやろうとしてしまう傾向がありますが、それだと永遠に自分の時間を削って働き続けないといけません。

僕も最初はそうだったのですが、働いても働いても忙しいままだったので、自由な時間がほとんど作れませんでした。

 

自由な時間を作るためにも、事業を大きくするためにも、仕組み化は必須の事項です。

現代の大企業の殆どは仕組み作りに躍起になっています。

例えば、有名な所で言うとアマゾン(Amazon)のプライム会員。

年会費3900円ですが、一度お客さんがプライム会員になれば長期に渡って毎年お金を払い続けてくれます。

この他にも、定期購読、定期発送、会員制度、年間契約、リースなどなど、多くの企業が固定の売上を作ることを意識しています。

 

仕組み化の具体的な例とは?

ここで、仕組み化の具体的な例をお話します。

大企業がやっている仕組みだとイメージがし辛いと思いますので、僕がやっていた仕組みに絞ってお話します。

 

人に任せる

これは王道的なやり方ですが、誰でも出来る作業は外注さんを雇ったり、従業員として働いてもらった方が良いです。

集め方ですが、ランサーズクラウドワークスなどのお仕事発注サイトで募集しても良いですし、求人を出しても良いですし、知り合いや仕事の仲間で手伝ってくれる人がいたら採用するのもありです。

僕の場合は、ランサーズを利用するか、仕事仲間の方と一緒にやったり、社員さんも雇っていますね。

 

「どのくらい事業の収益が出ていたら雇うべきか?」という質問があると思いますが、少しでも収益が出ているのであればやった方が良いです。

インターネット事業をやっていると、誰でも出来る仕事は結構多いです。

そのような仕事は自分でやり続けるのではなく、どんどん人に振っていかないと、仕事が増えれば増えるほど忙しくなっていってしまいます。

 

ネット上の既存のインフラを使い倒して仕組み化する

ネット上には無料、有料問わず、優れたインフラが沢山あります。

例えば、Youtube、Facebook、Twitter、Instagram、LINE@、PPC広告、メルマガ配信システム、有料ブログ(wordpress)などなど。

既存のインフラの凄いところは、本来このようなインフラを自分で作るとしたら、莫大なコストがかかってしまうのですが、無料もしくは低価格で使えてしまうということです。

 

Youtubeを例にあげると、大量の動画を多くの人に視聴してもらうのには、莫大なサーバー費用、インフラ整備、人件費、設備投資が必要になってきます。

Youtubeが長年の年月と費用をかけて作り上げたものを、ほぼ無料で使えてしかもそれを使って稼ぐことも出来てしまうのですからそれを使い倒した方が良いのです。

僕もネット事業をやる場合は、このインフラをフルに活用して仕組み化しています。

 

例えば、PPC広告。これはYahooが作ったYahooプロモーション広告というインフラを使っています。

これを利用することで広告を作って広告費を入れて放置するだけで売り上げが発生する仕組みが作れますね。

 

 

月額サービス

僕の場合、サブスクリプションという用語が流行る、2017年10月くらいから月額サービスを積極的に取り入れていました。

売上のレポート

 

どのような仕組みかと言いますと、セールスページにPaypalの月額の決済リンクをつけて、申し込んで頂いたお客様に毎月コンテンツを流します。

このように、シンプルな仕組みを作るだけで、それなりの収益を発生させることが出来ます。

 

集客はどうやってしているの?みたいな質問があると思いますが、ブログやSNS、広告で集めた見込み客リストや、「紹介すると紹介報酬が出る」という制度を設けて、紹介や口コミで広めたりなどです。

少ないリストでもコンセプトと仕組み次第で広まりますので、是非参考にしてみて下さい。

 

メルマガやネットワークビジネスの仕組みは有名

ネットビジネスで仕組み作りと言うと、メルマガやネットワークビジネスのことを想像する人が多いと思います。

 

まずメルマガですが、メルマガを仕組み化するとなると、ステップメールを構築し、自動でセールスを行う仕組みを作るか、月額購読のメルマガが主流です。

有名どころで言うと、堀江貴文(ホリエモン)さん。

メルマガだけでも年間1億円を超えることは十分に可能です。

引用:ホリエモンがメルマガだけで売上1億円に迫る

 

最近ではメルマガではなく、LINE@のステップ配信機能を使っている人も多いですが、時代に合わせてそのような仕組みを使っていくのが良いと思います。

 

そしてネットワークビジネスですが、これも有名どころを言うとアムウェイ(Amway)の中島薫さんです。

アムウェイの一例

引用:アムウェイ史上最高の成功者!中島薫の年収・経歴とは!?

 

アムウェイだけで年収10億超えはすごいですよね。

ただ、アムウェイなどのネットワークビジネスは、紹介する商品が良く、会社がこれから成長していく必要(初期の段階での参入)もあり、ダウンのまめな教育が必要で、寿命が短いものも多いそうです。

なので、ネットワークビジネスをやるというよりは、ネットワークビジネスの仕組みを参考にして事業を展開していくのがおすすめかなと思っています。

 

アフィリエイトは仕組み化が1番王道的

仕組み化の王道と言えばアフィリエイトです。

アフィリエイトであれば、参入障壁が低く、難易度も低いものが多いので、誰でも参加することは可能ですね。

仕組み化をしたい人が最初に参入するのはアフィリエイトが1番適していると思っています。

 

アフィリエイトと言っても種類が色々とありますので、どれをやるべきか悩む人が多いかもしれませんが、自分がやりやすい分野であれば何でも良いです。

ただ、アフィリエイトはとにかく継続が必要ですので、自分の好きな分野を見つけて取り組むのが1番効果的だと思っています。

 

例えば、化粧品が好きで詳しい人であれば、化粧品のアフィリエイトサイトを作ってアフィリエイトしていく感じです。

よくありがちな事なのですが、「誰かが稼いでいる」という理由だけでアフィリエイトに取り組むのはあまりオススメできません。

 

僕の経験上、広告を使ったアフィリエイトは初月〜3ヶ月くらいで報酬が発生しますが、ブログを使ったアフィリエイトだと収益化まで3ヶ月から半年以上かかりました。

自分が取り組もうとしている分野がどのくらい収益化まで時間がかかって、自分が本当に興味のある分野なのか調べておく必要がありますね。

 

規約変更が激しいプラットフォームはNG

ツイッターやFacebook、インスタなど、SNSを使って仕組みを作ろうとしている人がいますが、あまりオススメはできません。

例えば、インスタでいいねやメッセージを自動でしてくれるツールを使って、事業をしている人たちがいますが、長続きしている人を見たことがありません。

大抵は、規約変更が行われて、運営していたアカウントが停止し、今まで発生していた売り上げも0になるパターンが多いです。

 

なので、規約変更が激しいプラットフォームをメインで仕組みは作らない方が良いです。

ツイッターやFacebookなどのSNSは集客の手段として利用し、メインはブログやメルマガなどの有料媒体を使うのが好ましいです。

せっかく仕組みを作っても長続きしなければ意味がありませんので、必ず意識するようにしましょう。

 

ネットビジネス仕組み化で不労所得を作るコツ

ここから、実際に仕組みを作って不労所得を得るためのコツをお話していこうと思います。

いくつかコツがありますので、項目に分けて説明していきます。

 

商品は1つ

仕組みを作る場合、最初は商品は1つで十分です。

商品を1つ用意し、その商品を何回も改善し、それを出来るだけ多くの人に提供してシステム化していきます。

それは、商品を作るごとに見込み客の属性も違うのでその度に集客で苦労しますし、1つ1つの商品の質も下がりますので満足度も落ちて売り上げが伸びません。

毎月定期的にお金を頂く仕組みを作るわけですから、クオリティーの高い商品を1つ作って、維持し続けることが大切です。

 

お客様は常に長期的な関係を意識

お客様と長期的な関係を築けない起業家の人が多いですが、それだと永遠に集客し続けないといけません。

質の悪い商品を一度で売り切って、「さようなら」みたない感じでするのではなく、お客様と長期的な関係を築いていくことを意識して下さい。

そうじゃないと、あなたが定期サービスを行った時、せっかく多くのお客さんを入会させたとしても退会率が大きくなってしまい存続できません。

 

また、単発で高額な商品を売るのでも良いと思いますが、それだけではなくお客さんが長期に渡ってお金を払ってくれる仕組みを意識すると良いです。

こうすることで、安定して事業を伸ばしていくことが出来ます。

 

紹介報酬制度(アフィリエイト)を導入する

お客様が多くなってきたら、紹介報酬制度を入れると良いです。

これは、自分のサービスや商品を紹介してくれたら、「バック報酬を出すよ」という制度です。いわゆるアフィリエイトです。

例えば、あなたが3万円の商品を売っていたとすれば、その商品を買ってくれる人を紹介してくれたら、紹介してくれた人に1万円の報酬を還元するみたいな感じです。

これをやることで、あなたの商品を購入してくれるお客様が自動で増えていきます。

いずれ、自分で集客しなくても良い状態が作れますので、紹介報酬制度は必ず導入しましょう。

 

フランチャイズは最高のビジネスモデル

フランチャイズと聞くと、店舗をイメージされる人が多いと思いますが、ネットビジネスでもフランチャイズは出来ます。

フランチャイズの良い所は、本来、自分で事業を広げていけば、忙しくなるしコストもかさむところを、自分が成功した事例を一つ作ってしまえば、それを自動で増殖できるところです。

 

例えば、あなたが上手くいった手法があるとすれば、その手法を教えて契約を結び、売り上げが出たら利益の一部を毎月もらうという感じです。

大企業の多くもフランチャイズをうまく活用していますので、ネットビジネスにも活かさないと勿体無いです。

 

集客に困った場合は無料で提供してみる

ビジネスにおいて1番難しいのは集客です。

集客がうまくいかなれば、どんなに良い商品を作ったとしても、意味がありません。

なので、もし集客で困ったら最初は無料で提供して使ってみてもらうのも良いと思います。

そして、ある程度お客さんが増えてきてから有料にするというやり方です。

 

これは、「楽天」もこのような仕組みを使っていましたね。

最初、楽天市場にお店を出店するには無料だったのですが、途中で有料に切り替わりました。

Googleも似たような仕組みを使っています。

Googleは無料で使えるツールが多いのは、使って満足してもらい、別の有料の部分や広告で利益を取るためです。

 

途中で有料にしたとしても、本当に良いサービスを提供していれば、継続してくれます。

だから本当に良いサービスを提供することを意識しましょう。

 

ネットビジネスにおいて仕組み化は最強すぎる

今後、事業を長期的に存続させるためにも、仕組み化は必要不可欠です。

大企業の殆どがこの仕組を入れてきていますので、ネットビジネスだとしても是非取り入れていきましょう。

 

この記事で少しでも仕組み化に興味を持ってくれる人が増えれば幸いです。

最後まで読んで頂き有難うございます。